庭木の伐採を行なうときは専門業者に相談しよう

トラブルをさけるには庭木の伐採を

庭木を伐採することは一見すると、自然破壊のようにも見えます。しかし、庭木の伐採を行なわないと様々な問題が発生するのです。

実際にあった庭木トラブル

伐採は、大きく成長しすぎてしまった庭木などを根元から切り倒していきます。成長しすぎてしまった木は、様々なトラブルを引き起こす要因となりますので早めに伐採しておくことです。また、すでに枯れてしまったり腐ってしまっていたりする木も伐採しておくことが大事です。このような木をそのまま放置しておくと、台風などの災害が起こった際とても危険です。不要な木は放っておかずに、伐採することが重要です。

隣の家の庭木が邪魔で勝手に切ったら(山根さん/42歳/男性)

隣の家に生えている庭木の枝がうちの敷地内にはみ出していたので、勝手に切りました。そしたら庭木の枝を勝手に切られたお隣さんが怒って怒鳴り込んできたという経験があります。良好なご近所付き合いをするためにも、庭木の枝を勝手に切るのではなくまずは話し合いをするべきだったなと反省しました。今度このようなことがあった場合は、冷静に話し合いを行なってから庭木の伐採するなり植え替えをするなり対処していきたいと思います。

庭木の落ち葉が隣の家に落ちてしまう(佐藤さん/45歳/女性)

庭木の成長が進み、落ち葉が隣の家にたくさん落ちていました。庭木が元気に成長するのはいいことだと思いますが、落ち葉がたくさん落ちてしまっては片付けるのも大変ですし、お隣さんに迷惑をかけてしまいます。またうちの庭木の種類は落葉樹なため、秋には全ての葉っぱが落ちてしまいます。お隣さんのこともありますし、家族と相談した結果庭木の伐採をすることに決めました。

強風で木が倒れてきた(鈴木さん/49歳/男性)

不要な木をそのままにしておくととても危険です。自宅の近くにある空き地に大きな大木が生えていたんですが、台風が来たときに強風に煽られて倒れてきました。一歩間違えれば、命に関わる危険性もあるし建物が崩壊する可能性もあります。このような二次災害を防ぐためにも、木の伐採は必要だなぁと感じました。

TOPボタン