庭木の伐採にかかる費用はどのように決まるのか

伐採する時に発生する費用について

庭木の伐採にかかる費用は、業者によって異なります。ある業者では、次のような条件で費用に違いが現れてきます。

伐採にかかる費用

木の高さ
庭木の伐採にかかる費用は、木の高さによって決まります。2階建ての住宅と同じくらいの高さであれば、だいたい5mほどの高さになります。5m~7mくらいの庭木は、1本当たり23000円ほどの価格で伐採を行なっていますので把握しておきましょう。
伐採時のリスク
伐採を行なう際は、作業の難易度を示すリスク係数という数値を業者が出してくれます。リスク係数が高くなるのは、立木が密集しているところや作業の妨げとなる障害物があるところ、機械が入らないところなどに生えている木を伐採する場合です。
費用が追加される場合
伐採には、基本料金のほかに別途で費用が発生することもあります。追加料金が発生するのは重機で作業する必要がある場合や、駐車スペースがなく作業場所から離れた場所にしか車を止められない場合が挙げられます。また、伐採後に抜根する必要がある場合やカットした木を処分する場合なども対象になります。

伐採にかかる費用は、このようなことから決まります。業者によって基本料金やその他の価格設定が違いますので、まずはいろいろな業者を比較してみることが大事です。一つの業者だけでなく、複数の業者を調べてからじっくり検討していきましょう。

無料調査を利用してみましょう

伐採作業を依頼する前に、現地調査をしてもらうことが肝心です。無料で現地調査を行なっている業者が多く、問い合わせをすればどこでも駆けつけてくれます。お客様と一緒に現場の状況を確認し、的確な伐採方法についてご説明していきます。現地調査によって現場の状況をしっかり観察した上で、見積もり額を算出しますのでとても安心です。現地調査や見積もりは無料で行なってくれるので、いろいろな業者に依頼して費用を比較することもできるのでぜひ利用してみましょう。

TOPボタン